【和牛精液及び和牛受精卵の譲渡契約約款】 

高まる 需要。

新たな市場開拓

TPP11協定、日EU/EPA,日米貿易協定が発効し、新たな国際環境に入りました。和牛はわが国固有の遺伝資源です。日米貿易協定による米国向け牛肉の低関税枠の拡大や、中国・台湾のTPP加盟申請などの動きにより、新たな市場開拓に挑める環境が整いつつあります。わが国では畜産クラスター事業で示されるような、肉用牛の増頭・増産を図る生産基盤の強化プロジェクトが推進されています。

着実に増加する世界人口

世界の人口は着実に増加しています。そして、世界中の生産者は食品を求める需要にこたえなければなりません。環境保全を確実に行うには、ますます持続可能な畜産・酪農業を発展させなければいけません。わたしたちも生産者の方と共に、そのサポートができればと思っております。

その“1頭”を見つける難しさ

何万頭いるなかの1頭を見つけるのは至難の業。たとえ血統が良くても期待が外れる可能性のほうが大きい。改良の進歩により、産肉能力や肉質向上が進んだものの、一方で、供用される種雄牛が集中し、近郊係数の上昇、遺伝的多様性の損失が懸念されています。 そのような状況を踏まえ、弊社では現在4頭の黒毛和種種雄牛の凍結精液を販売しております。まだまだ頭数は少ないですが、日本の畜産を受け継ぐためにも、粘り強く、日本の未来を精一杯支えていきたいと思っています。2022年から随時新しい種雄牛が入る予定です。また、乳用牛への和牛受精卵移植計画も行っていることから、和牛受精卵も販売しております。

黒毛和種種雄牛 ラインナップ

白鵬紅葉

白鵬紅葉 はくほうもみじ

Hakuhomomiji

  • 北海道育種価第10位!(2023年1月)
  • 白鵬85の3×第1花国×安福(岐阜)
  • 得点84.6
福雲勝

福雲勝 ふくうんしょう

Fukuunsho

  • 安福久×勝忠平×白清85の3
  • 得点84.8

紀愛津 きめつ

Kimetsu

  • 紀多福×美津照重×安福久
  • 得点84.0
勝久桜

勝久桜 かつひさざくら

katsuhisazakura

  • 2023年新規牛!
  • 勝早桜5×美国桜×百合茂
  • 得点85.0

黒毛和種受精卵

全国でも人気のある種雄牛や優秀な血統を組み合わせた黒毛和種受精卵を取り扱っております。

※OPU(Ovum Pick-Up:経膣採卵)受精卵につきましては、エリートジェネティクス社の和牛受精卵です。渥美牛群管理サービスの培養技術を用いて生産されたOPU受精卵になっております。在庫は随時変動しておりますので、ご注文は各地区担当の営業マンもしくは、事務所受精卵担当までお問い合わせください。